注文住宅の施工を依頼する前に【土地の利便性を確認しよう】

家族が集まるプラン作り

家

家の中心にリビングを配置

「子供と自然と顔を合わせられる間取りにしたい」「家族の交流の場所を作りたい」など家族とのコミュ大阪では、ニケーションを大事にした一戸建てを作りたいと考えている人が増えています。大阪で家族のコミュニケーションを円滑にするには、家族皆が自然と集まり、会話が弾むような居心地の良いリビングを作ることが大切です。そんな一戸建てを大阪に作るには、第一に家族が顔を合わせやすい場所にリビングを配置することをおすすめします。玄関に近く、それぞれの個室へ行く際に必ず通る位置に持ってくるのが理想です。このような間取りの一戸建てなら、子供が外から帰った時や外出する時に、毎日親と顔を合わせることができます。ちなみに心理学でも、人は会う回数が多いほど相手を好きになると言われているので、家族関係を円満にするためにも、リビングは家の中心にプランニングしましょう。また、自然と集まりたくなるような一戸建ての作りやインテリアにすることも重要です。大阪でいくら家のど真ん中にあっても暗くて圧迫感があったり、ごちゃごちゃと物が散乱していたり、内装や家具の色、デザインがチグハグで心が落ち着かないといったことでは、リビングでゆっくり寛ぐ気にはなりません。例えば、吹き抜けにする、2階にリビングを設ける、物を片づけやすいように収納を充実させる、内装材を自然素材の物にするなど、居心地の良いリビングにすることで、家族の会話も弾むことでしょう。